ICTとは?ICTとITの違いって何?

くゆ

こんにちは、くゆ(@smilist_kuyu)です!

私が運営するニコプロは、ICT&プログラミング教室です。

ICTを有効活用して笑顔になろう!という教室です。

しかし「ICT」という言葉、見慣れない方もいると思います。

「ICTってどういう意味?」「ITとどう違うの?」

今回はそんな疑問を解決するために「ICT」についてまとめました。

 

「ICT」とは?

ICTとは、「Information and Communication Technology(インフォメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)」の略で「情報通信技術」のことです。

英単語が並んでいて、難しそうなイメージを持つかもしれません。

ITの進化版??みたいな。

でも実は…

「ICT」と「IT」はほとんど同じ意味

ICTとITは定義としてはほぼ同じなんです!

ただし日本ではITの方が用語として普及してますね。

IT社会、IT企業、ITツールなど。

ITは「Information Technology」の略で「情報技術」を意味します。

パソコンやインターネット、情報システムに関する全般的な技術を指す言葉です。

一方ICTもITと同様の定義で使われています。

ICTの場合は、ITに「Communication(コミュニケーション)」という単語が入ることで、人と情報技術の関わり方、情報技術を活用した人と人とのコミュニケーションにスポットをあてているとも解釈できます。

まだまだITの方が浸透してますが、最近ではICTも少し普及してきた感じはしますね。

ニコプロとしては、人やコミュニケーションあっての情報技術だと考えているので「ICT」表記を採用しました。

また、国際的にはICT表記が一般的という情報や、プログラミング教育やICT利活用を推進している文部科学省や総務省が「ICT」と表記していることも決め手です。

余談ですが、経済産業省、IPA(ITパスポート試験や基本情報処理試験等情報系国家試験の運営母体)は「IT」と表記しています。

何だか縦割り社会を感じさせますね。。

「IoT」もあるよ

ICT、ITと似たような用語でIoTがあります。

IoTとは「Internet of Things」の略で、日本ではよく「モノのインターネット」と呼ばれています。

様々な「モノ(物)」がインターネットにつながれ、遠隔操作やデータ通信などの機能を実現する仕組みのことです。

活用事例としては以下が挙げられます。

  • エアコンや照明を遠隔で操作する
  • 空気の汚れ具合を計測し、必要に応じて空気清浄機が自動運転する
  • 着用型の医療器具・健康器具で健康状態を記録したり、その記録を医師と共有する
  • 土壌にセンサーを取り付け、植物や農作物に水や肥料を与えるタイミングを計る
  • 介護用ベッドにセンサーを取り付け、要介護者の動きに異常があったら通知する

IoT技術は、AI技術と絡んで更に発展していく予感がします。

AIに関しては今後ブログで取り上げる予定です。

「ICT」は私たちの生活を豊かにしてくれる技術

まとめると、ICTもITもIoTも「情報」が主となる技術です。

あらゆる情報を活用して、私たちの生活を豊かにしてくれる素敵な技術です。

医療、介護、教育、農業、などなど様々な分野でICT活用が進むことでしょう。

ICTは難しいと思い込んでいてはもったいないです!

ぜひICTを知り、ICTに触れてみてください。

 


↓↓↓ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ

 

女性起業家または起業を目指す女性の皆さまへ

女性起業家または起業を目指す女性の皆さまへ。

ICTに関わる悩みごとや困りごとはありませんか?

「このアプリはどうやって使うの?」
「ホームページ作成でつまづいている・・・」

などなど。お気軽にご相談ください!
ニコプロが解決のお手伝いをいたします。

コメントを残す