起業初心者におすすめのレンタルサーバー【WordPress用】

くゆ

こんにちは!

ニコプロ~ICT&プログラミング教室~

代表のくゆ(@smilist_kuyu)です!

 

ニコプロのホームページを作成する際に、

「独自ドメインを取得してWordPressでホームページを作成しよう!」

と意気込んでいた私。

そこで悩みに悩んだのがレンタルサーバー選びです。

WordPressでホームページを作成しようと決意した方に向けて、私が調べた結果をもとにおすすめレンタルサーバーをお伝えします。

ちなみに、私のように起業初心者で、できればお金をかけたくない!という方を想定しています。

おすすめは「ロリポップ」と「エックスサーバー」

まず結論からお伝えしますね。おすすめは以下2つです。

ロリポップかエックスサーバーの「スタンダード」プラン推しです。

私は悩んだ末にロリポップ「スタンダード」を選択しました。

決め手は「安さ」です。

料金の安さで選ぶならロリポップ「スタンダード」、サーバー機能の高さで選ぶならエックスサーバー「X10(スタンダード)」です。

2つのプランを比較

以下7つのポイントで比較してみました。

料金

初期費用月額料金
ロリポップ「スタンダードプラン」1,500円500円
エックスサーバー「X10(スタンダード)」3,000円1,000円

※料金は税抜です。
※月額は12ヶ月契約の場合です。

初期費用も月額料金もロリポップの方が安いです。

契約のタイミングによってはキャンペーンでお得になることもあります。

ロリポップもエックスサーバーも高頻度でキャンペーンを実施しているので、チェックしてみましょう。

ディスク容量

ロリポップ「スタンダードプラン」120GB
エックスサーバー「X10(スタンダード)」200GB

 

画像ファイルやHTMLファイルの保存先のサイズです。

エックスサーバーはSSDを採用しているので、そこは魅力的ですね。

SSDはHDD(ハードディスク)より高速なディスクです。

転送量

ロリポップ「スタンダードプラン」100GB/日
エックスサーバー「X10(スタンダード)」70GB/日

 

どちらも月間100万PV程度までは十分耐えられます。

とは言っても、小規模サイトなら月10万PVもいけるかどうかの世界なので、転送量に関しては気にしなくてよさそうです。

転送量とPV(アクセス数)の関係性については、以下に分かりやすくまとめられています。

【PVと転送量の関係】エックスサーバーやロリポップはどの程度のアクセス数まで耐えられるのか?

ちなみにエックスサーバーの場合、大量アクセスに強いWebサーバー「nginx」を採用したり、最新20コアCPU&大容量192GBメモリを搭載したりと、高負荷に耐えられる高性能サーバーを売りにしています。

独自SSL

ロリポップ「スタンダードプラン」無料
エックスサーバー「X10(スタンダード)」無料

 

SSLは、インターネット上でのデータのやりとりを暗号化する技術です。

URLが「https」が始まるサイトはSSLに対応しています。

独自SSLは独自ドメインに対応しており、設定すると独自ドメインを使用したWebサイトの全ページがSSL化されます。

SSL、独自SSLについては以下記事でまとめています。

また、現在はSSLへの優遇措置が以下のようにとられているので、独自SSLを無料で設定できるのはメリットが大きいです。

  • GoogleがSSL化を推奨
  • ブラウザのアドレスバーに「保護された通信」と表示

Googleのhttpサイトに対する警告表示は段階的に進んでおり、2018年7月には全httpページに警告表示が行われるようになります。

今からWebサイトを作成する場合は、SSL化の対応は必ず行いましょう。

WordPressインストール

ロリポップ「スタンダードプラン」簡単インストール
エックスサーバー「X10(スタンダード)」自動インストール

 

どちらも必要な設定だけ行えば自動的にWordPressがインストールされる機能です。

ロリポップの場合、インストールしてる感は全くなく、本当に簡単にWordPress環境ができあがりました。

サポート(メール&電話)

ロリポップ「スタンダードプラン」無料
エックスサーバー「X10(スタンダード)」無料

 

いざという時にサポートがあると安心ですよね。ロリポップにはチャットサポートもあります。

バックアップ

月額料金データ提供手数料
ロリポップ「スタンダードプラン」300円無料
エックスサーバー「X10(スタンダード)」無料Webデータ10,800円(税込)

データベース1つ5,400円(税込)

 

ロリポップは月額制のオプションですが、バックアップデータ取得時に手数料はかかりません。

エックスサーバーはバックアップ機能自体は無料ですが、バックアップデータ取得時は手数料がかかります。

私はオプションは使用せずにWordPressプラグイン「BackWPup」でバックアップを取得しています。

BackWPup – WordPress Backup Plugin

始めやすいのはロリポップ「スタンダード」

小さく始める場合はロリポップ「スタンダード」がおすすめです。

ロリポップ申込はこちら

 

 

スペック重視であれば、エックスサーバー「X10(スタンダード)」を選んでおいて間違いないです。

エックスサーバー申込はこちら

 

 

どちらのサービスも無料お試し期間があるので、実際に自分で触ってみてから決めても良いと思います。

私は現在ロリポップ「スタンダード」を利用してますが、何かきっかけがあればエックスサーバー「X10(スタンダード)」に変えるかもしれません。その時はまたレポートします!

以上、起業初心者による起業初心者のためのおすすめレンタルサーバー情報でした。

レンタルサーバー選びに悩むあなたの参考になれば幸いです。

 


↓↓↓ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ

 

体験会受付中!!

スクラッチコース体験会受付中!!
ビジュアルプログラミングツール『Scratch』を使用してプログラミング的思考力を楽しく伸ばしましょう!
推奨年齢は小学3年生以上です。

コメントを残す