「未来の学びコンソーシアム」の賛同者になりました

くゆ

こんにちは!ニコプロ ICT&プログラミング教室

代表のくゆ(@smilist_kuyu)です!

 

突然ですが「未来の学びコンソーシアム」の賛同者になりました。
といっても、特別な肩書きでもなんでもありません。
プログラミング教育の普及という面で「賛同します!」と宣言したということです。

ニコプロは「未来の学びコンソーシアム」とともに、プログラミング教育の普及に貢献する活動を進めていきます。

未来の学びコンソーシアムとは

「未来の学びコンソーシアム」について簡単にご紹介します。

「未来の学びコンソーシアム」は、文科省、総務省、経産省が民間と協力して「プログラミング教育」を普及していこう!として立ち上げたプロジェクトです。

文部科学省、総務省、経済産業省は、次期学習指導要領における「プログラミング的思考」などを育むプログラミング教育の実施に向けて、学校関係者や教育関連やIT関連の企業・ベンチャー、産業界と連携し、多様かつ優れたプログラミング教材の開発や企業の協力による体験的プログラミング活動の実施等、学校におけるプログラミング教育を普及・推進することを目的として、「未来の学びコンソーシアム」を立ち上げます。

引用:「未来の学びコンソ―シアム」の設立について~官民でプログラミング教育を~

未来の学びコンソーシアムはWebサイトでプログラミング教育に関するコンテンツを発信しています。

未来の学びコンソーシアム

以下から「未来の学びコンソーシアム」の賛同者一覧が確認できます。

賛同者一覧

プログラミング教育の普及に向けて

プログラミング教育の普及に向けて活動している「未来の学びコンソーシアム」、Webサイトのコンテンツをご紹介しますね。

実施事例

プログラミング教育に関する授業やワークショップの事例が紹介されています。
以下のカテゴリに分けられています。

A: 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの
B: 学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの
C: 各学校の裁量により実施するもの(A,B,D以外で、教育課程内で実施するもの)
D: クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの
E: 学校を会場とするが、教育課程外のもの
F: 学校外でのプログラミングの学習機会

最初はぱっと見「難しいカテゴリ分けだな;;」と思いました。
一通り眺めてみると、A,B,Cが学校の授業でプログラミング教育を取り入れている事例のようです。
国語や算数、理科などの授業内容とプログラミング教育を上手く融合させている事例が載っています。
D,E,Fは学校の教科外で自由にプログラミングに触れあっている事例が載っていました。

教材情報

プログラミング教育で使用されている教材情報を見ることができます。
ViscuitやScratchももちろん記載されています!

インタビュー

プログラミング教育をテーマに、身近な問題をプログラミングで解決している方たちのインタビューです。
文科省の方からきゅうり農家の方まで、さまざま方たちがインタビューされています。

 

「プログラミング教育」が気になるあなた!

ぜひ「未来の学びコンソーシアム」をチェックしてみてください。「プログラミング教育」で取り組もうとしていることがイメージできると思います。

体験会受付中!!

スクラッチコース体験会受付中!!
ビジュアルプログラミングツール『Scratch』を使用してプログラミング的思考力を楽しく伸ばしましょう!
推奨年齢は小学3年生以上です。

コメントを残す