ロリポップの独自SSL設定&WordPressサイトの常時SSL化手順

くゆ

こんにちは!

ニコプロ~ICT&プログラミング教室~

代表のくゆ(@smilist_kuyu)です!

 

はじめに

私は現在レンタルサーバーにロリポップを使っています。

ロリポップでは独自SSLを無料で設定できます。

無料は助かる!ということで、私も本サイトを作成する際に独自SSL設定を行い、常時SSL化しました。

ロリポップの無料独自SSL設定では無料のSSLサーバー証明書「Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)」を使用します。

今回はロリポップを使用したWordPressサイトの常時SSL化設定方法をお伝えします。

常時SSL化の対応としては、ロリポップでの設定とWordPressでの設定が必要になります。

ロリポップの独自SSL設定手順

※独自SSLを使用するには独自ドメインの取得・設定が必要です。

①ユーザー専用ページにログインし、サイドメニューの「セキュリティ」をクリックします。「独自SSL証明書お申込み・設定」ページが表示されます。

②独自SSL(無料)の項目の「SSLで保護されていないドメイン」をクリックします。「SSLで保護されていないドメイン」が表示されます。

 

③独自SSLを適用するドメインを選択します。選択後、各独自ドメイン単位で「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

④申請後、独自ドメインおよびサブドメインの状態が「SSL設定作業中」に変わります。設定が完了するまでに多少時間(5分程度)がかかります。

⑤設定が完了したドメインは「SSL保護有効」となり、「SSLで保護されているドメイン」に移動されます。「SSL保護有効」となったドメインで、https://~のURLでアクセスできれば、独自SSLの設定は完了です。

 

※https://~のURLで403エラーが出る場合は、時間をおいてブラウザのキャッシュを削除してから再度アクセスしてみてください。

WordPressの設定手順

ロリポップでの独自SSL設定が完了したら、WordPressサイトでも設定を行います。

①WordPressダッシュボードにログインします。

②左側のメニューより「設定」→「一般設定」を選択します。

 

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」の頭を「https://~」に書き換えます。

s半角小文字で入力してください。

 

「変更を保存」をクリックして完了です。

 

⑤一度強制的にログアウトするので、IDとパスワードを入力して再度ログインしてください。すると、httpsアドレスの管理画面に新たにログインできるようになります。

最後に

ロリポップを使用したWordPressサイトのSSL化設定方法をご紹介しました。

なお、既存のWebサイトを常時SSL化する場合はちょっと大変そうです。

画像や内部リンクのURLもhttpsに書き換える必要があったり、Google アナリティクスやSearch Consoleなどの外部サービスでも設定を変更しなければいけないようです。

SSL化設定手順はそこまで難しいものではないので、新規にWebサイトを作った場合は併せてさくっとSSL化してしまいましょう!

 


↓↓↓ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ

 

体験会受付中!!

スクラッチコース体験会受付中!!
ビジュアルプログラミングツール『Scratch』を使用してプログラミング的思考力を楽しく伸ばしましょう!
推奨年齢は小学3年生以上です。

コメントを残す