【保護者必見】2020年小学校プログラミング教育必修化のまとめ

くゆ

こんにちは!

ニコプロ~ICT&プログラミング教室~

代表のくゆ(@smilist_kuyu)です!

 

2020年から始まる小学校のプログラミング教育について、参考になる資料が公開されました。

今回は、その資料の概要を要約してお伝えします。

プログラミング教育に関して、「知らないことだらけで不安」というあなたはぜひ目を通してみてください。

 

小学校プログラミング教育の手引

2018年3月、文部科学省から「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」が公表されました。

小学校プログラミング教育の手引(第一版)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/detail/1403162.htm

 

この手引には、2020年に小学校でプログラミング教育が必修化となる経緯やねらいがまとめられています。

また、教師に向けた手引であるため、どのような授業が期待されているか、各教科でどう指導していくかについても解説されています。

未就学児や小学生のお子様がいらっしゃる保護者の方で、

「プログラミング教育って一体何をするの?」

と不安や疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はこの手引をもとに、小学校におけるプログラミング教育必修化の経緯やねらいをまとめました。

プログラミング教育に関する公式な見解を知ることで、プログラミング教育に対して、より具体的なイメージが掴めると思います。

 

なぜプログラミング教育が必要?

  • 現在、コンピュータは人々の生活の様々な場面で活用されている。そして、ICT機器やサービスがもたらす情報を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつつある。
  • コンピュータをより効果的に活用していくには、その仕組みを知ることが重要。コンピュータに命令を与えることが「プログラミング」。プログラミングによってコンピュータの仕組みの一端をを知ることができるので、コンピュータをより主体的に活用することにつながる。
  • プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることにつながる。子供が秘めている可能性を発掘し、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できる。
  • コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、将来コンピュータ活用力が求められる社会を生きていく子供たちにとって、極めて重要なこととなる。
  • 諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られる。

 

 

小学校プログラミング教育導入の経緯

2016年6月、小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)を公表。

小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/122/houkoku/1372522.htm

 

2016年12月、中央教育審議会「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」を公表。

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo0/toushin/1380731.htm

 

2017年3月、小学校学習指導要領を公示。

小学校学習指導要領
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2018/03/29/1384661_4_2.pdf

 

2017年6月、小学校学習指導要領解説 総則編を公表。

小学校学習指導要領解説 総則編
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2017/07/12/1387017_1_1.pdf

 

プログラミング教育のねらい

大まかに三つのねらいが挙げられています。

  1. プログラミング的思考」を育むこと
  2. コンピュータの仕組みやその使われ方などに気付けるようにすること、コンピュータを上手に活用してよりよい社会を築いたりしようとする態度を育むこと
  3. 各教科等での学びをより確実なものとすること

以下がポイントです。

  • プログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりすること自体がねらいではないこと。
  • 三つのねらいの前提として、児童がプログラミングに取り組んだり、コンピュータを活用したりすることの楽しさや面白さ、ものごとを成し遂げたという達成感を味わうことが重要。

 

小学校プログラミング教育で育む力

①知識及び技能

小学校段階では、以下のようなコンピュータの仕組みについて「体験を通じて」気づくことが重要。

  • コンピュータはプログラムで動いていること
  • コンピュータは人が作成していること
  • コンピュータが日常生活の様々な場面で使われており、生活を便利にしていること
  • コンピュータに意図した処理を行わせるためには必要な手順があること

 

②思考力、判断力、表現力等

  • 「プログラミング的思考」=コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を育成すること
  • 「プログラミング的思考」を育成することは、小学校におけるプログラミング教育の中核と言える
  • 各教科等の指導を通じて「プログラミング的思考」を育成する
  • 以下のコンピュータを動作させる手順のようなことを論理的に考える力が「プログラミング的思考」

①コンピュータにどのような動作をさせたいか自分のアイデアを考える
②どのような順序で動作させればいいか考える
③一つ一つの動きをコンピュータへの命令に置き換える
④命令をどのように組み合わせれば意図した通りに動作するか考える
⑤どのように改善すれば意図した動作に近づくか試行錯誤する

 

③学びに向かう力、人間性等

  • コンピュータを活用してよりよい生活や社会がつくっていこうとする、主体的な態度を自然に身につけること
  • 身近な問題の発見・解決に、コンピュータの働きを生かそうとしたり、コンピュータ等を上手に活用していくこと
  • 他者と協働しながらねばり強くやり抜く態度の育成
  • 著作権等の権利の尊重、情報セキュリティへのの意識づけ、といった情報モラルの育成

 

プログラミング的思考と情報活用能力

  • 「プログラミング的思考」と関連して「情報活用能力」の育成も重要
  • 「情報活用能力」は情報を収集・整理・比較・発信・伝達する等の力であり、さらにプログラミング的思考、情報モラル、情報手段の基本的な操作技能などもトータルに含むもの
  • 単にプログラミング教育を充実し「プログラミング的思考」を育めばよいということではなく、トータルな情報活用能力を育成する中に「プログラミング的思考」の育成を適切に組み入れていく必要がある

 

各教科の目標・内容を踏まえた指導例

  • 【算数】プログラミングで正多角形をかく
  • 【理科】通電をプログラミングで制御する
  • 【音楽】プログラミングにより様々なリズム・パターンを組み合わせて音楽をつくる
  • 【国語】プログラミングを通して、物語で好きな場面のアニメをつくる

 

番外編:未来の学びコンソーシアム

2017年3月にプログラミング教育の普及を目的として「未来の学びコンソーシアム」が設立され、小学校を中心としたプログラミング教育ポータルサイトが公開されています。

未来の学びコンソーシアム ポータルサイト
https://miraino-manabi.jp/

上記サイトにはプログラミング教育に関する最新情報やプログラミング教育の実施事例に関する情報が掲載されています。
こちらも併せて参考にしてみてください。

 

 まとめ

今回「小学校プログラミング教育の手引(第一版)」をまとめてみて、小学校プログラミング教育について以下が理解できました。

  • 小学校の段階ではコンピュータやプログラミングの専門的知識を学ぶことがねらいではない
  • コンピュータの働きやその良さへの気付きや、論理的に考えていく力である「プログラミング的思考」、コンピュータ等をよりよく活用していこうとする態度を育むことが重要
  • 各教科を通してプログラミング教育を行っていく(「プログラミング教育」という教科ができるわけではない)

この記事を読んでいるあなたも、保護者の立場からプログラミング教育について理解できたでしょうか?

プログラミング教育を主体的に活用して、お子様の未来をより良いものにしていきましょう!

 


↓↓↓ブログランキングに参加しています。1日1回応援クリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ

 

女性起業家または起業を目指す女性の皆さまへ

女性起業家または起業を目指す女性の皆さまへ。

ICTに関わる悩みごとや困りごとはありませんか?

「このアプリはどうやって使うの?」
「ホームページ作成でつまづいている・・・」

などなど。お気軽にご相談ください!
ニコプロが解決のお手伝いをいたします。

コメントを残す